マスカットIDE プロジェクトの作成

マスカットでアプリケーションを作成するために必要なファイルやフォルダの作成方法を説明します。

マスカットプロジェクトの作成

マスカットプロジェクトとは、ワークスペースの最上位ディレクトリです。マスカットIDE でアプリケーションを開発するには、マスカットプロジェクトを作成する必要があります。

  1. Eclipse を起動して [ファイル] メニューから [新規] > [マスカットプロジェクト] を選択し、新規マスカットプロジェクトダイアログを表示します。
     ※ [ファイル]メニューから[新規]を選択後、[マスカットプロジェクト]が表示されていない場合は、[新規] > [プロジェクト] > [マスカット] > [マスカットプロジェクト]を選択してください。
    project1.png
     
  2. プロジェクト名を入力して、[終了] ボタンをクリックします。
    project2.png
     

マスカットパースペクティブの開き方

  • マスカットパースペクティブが開かれていない場合、マスカットプロジェクト作成後にマスカットパースペクティブダイアログが表示されます。
    perspective.png
     
  • [はい]ボタンをクリックするとマスカットパースペクティブに自動的に切り替わります。
     

マスカットアプリケーションの作成

マスカットアプリケーションとは、マスカットプロジェクト内に作成するフォルダです。ユーザがブラウザ上からURLでアクセスする単位となり、以下のようなファイル群を格納します。

  • レイアウト定義XML
  • コンテナ HTML
  • CSS, JavaScript ファイル
  • イベント定義XML|画面遷移定義XML|画像ファイル
  1. [ファイル] メニューから [新規] > [マスカットアプリケーション] を選択して下さい。
     ※ [ファイル]メニューから[新規]を選択後、[マスカットアプリケーション]が表示されていない場合は、[新規] > [その他] > [マスカット] > [マスカットアプリケーション]を選択してください。
     
  2. アプリケーション名を入力して、[終了] ボタンをクリックします。
    maskat_app.png
    ・ 参照ボタンをクリックして、マスカットプロジェクトを選択できます。
    ・ ファイル名はダブルクリックで変更できます。
     ※ イベント定義 XML のファイル名はレイアウト定義 XML のファイル名に応じて自動的に設定されます。
    ・ タイトルにはコンテナHTMLの title タグに挿入される文字列を指定します。
     
  3. ナビゲーターから作成されたマスカットアプリケーションを確認してください。
    app_comp.png