概要

分割画面です。

分割しているバー(分割バー)を左右または上下に移動させることにより、画面の分割位置を変更できます。

  • 分類 : コンテナ
  • スクリーンショット
    • orientation="h" style="normal"
      screenshot.png
    • orientation="v"
      screenshot2.png
    • style="3D"
      screenshot3.png
  • タグの記述例
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
    
    <splitter name="mySplitter" 
              left="105" 
              top="62" 
              width="150" 
              height="150"
    >
      <divSplit name="div1" backgroundColor="green"/>
      <divSplit name="div2" backgroundColor="red"/>
    </splitter>

splitter

レイアウト

  • 属性一覧
属性名概要必須形式デフォルト値
nameGUIオブジェクト名string
top左上のy座標number
left左上のx座標number
widthフレーム全体の横幅number0
heightフレーム全体の縦幅number0
prop初期表示での分割表示比率。左上を基準に0~1の間で表示比率を指定する。指定した位置に分割バーが配置される。number0.5
orientation分割バーによって分割される領域の方向

"v" : 垂直方向に分割
"h" : 水平方向に分割
enum"h"
autoResizeParent親要素の表示可能領域の大きさに合わせて自動調整する機能を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
boolean
autoResizableH親要素の表示可能領域の縦幅に合わせて自動調整する機能を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
boolean
autoResizableW親要素の表示可能領域の横幅に合わせて自動調整する機能を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
boolean
styleスプリッタの表示スタイル

"normal" : 平坦な表示
"3D" : 陰影のある3D表示
enum"normal"
limInf分割バーが左(もしくは上)へ移動できる位置。propと同じように0~1の比率で指定する。number0
limSup分割バーが右(もしくは下)へ移動できる位置。propと同じように0~1の比率で指定する。number1
reverseClose分割バーをクリックしたときに分割バーが移動する場所のフラグ

true : limSupで指定した位置
false : limInfで指定した位置
booleanfalse
withImg分割バーの画像の種類を指定するフラグ

true : 3Dの分割バー画像表示
false : 平坦な矩形表示
booleanfalse
tailleCurs分割バーの表示幅number4
overflow画面から表示項目がはみ出る時の表示判断

"auto" : はみ出る場合は、スクロールバーを表示する
"hidden" : 表示しないまま
enum"hidden"
  • 子要素一覧
要素名概要繰り返し
divSplit分割画面。splitterの子要素として2つ定義できます。0..*
  • イベント一覧: なし

データバインド

  • データ取得メソッド: なし
  • データ設定メソッド: なし

divSplit

レイアウト

  • 属性一覧
属性名概要必須形式デフォルト値
nameGUIオブジェクト名string
backgroundColor背景色string"white"
  • 子要素一覧
要素名概要繰り返し
*このコンテナに含まれるコンポーネント0..*
  • イベント一覧: なし