概要

タブフォルダを表示します。

tabItemの親要素となります。

  • 分類 : コンテナ
  • スクリーンショット
    • orientation="t"
      screenshot.png
    • orientation="b"
      screenshot2.png
    • orientation="l"
      screenshot3.png
    • orientation="r"
      screenshot4.png
  • タグの記述例
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
     10
     11
     12
     13
     14
     15
     16
    
    <tabFolder name="myTabs" 
               top="500" 
               left="250" 
               width="300" 
               height="100" 
               widthTabName="80" 
               noActiveTab="1" 
               autoRedimTab="false"
    >
      <tabItem name="myTabItem1" title="tabItem1">
      </tabItem>
      <tabItem name="myTabItem2" title="tabItem2">
      </tabItem>
      <tabItem name="myTabItem3" title="tabItem3">
      </tabItem>
    </tabFolder>

tabFolder

レイアウト

  • 属性一覧
属性名概要必須形式デフォルト値
nameGUIオブジェクト名string
top左上のy座標number
left左上のx座標number
widthフレーム全体の横幅number
heightフレーム全体の縦幅number
draggableマウスによるタブフォルダ移動を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
booleanfalse
autoResizableH親要素の表示可能領域の縦幅に合わせて自動調整する機能を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
booleanfalse
autoResizableW親要素の表示可能領域の横幅に合わせて自動調整する機能を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
booleanfalse
isClosableタブのクローズを有効にするフラグ

true : クローズアイコンを表示
false : クローズアイコンを非表示
booleantrue
draggableItemタブフォルダ内でのタブアイテムの移動を有効にするフラグ

true : 有効
false : 無効
booleanfalse
orientationタブの表示位置

"t" : 上に配置
"b" : 下に配置
"l" : 左に配置
"r" : 右に配置

注:l、rを指定し、左右にタブを配置した場合、テキストが横に表示され、先頭の1文字程度しか表示されません。一文字ごとに改行(<br>)を入れ縦にして下さい
enum"t"
widthTabNameタブアイテムのタイトル表示幅の指定(5以上を指定)number100
noActiveTab初期表示時に、左から何番目のタブアイテムを表示状態にするかを指定する値
(1以上を指定)
number1
tabIndexタブキーを押したときにフォーカスが移動する順番number-1
  • 子要素一覧
要素名概要繰り返し
tabItemタブアイテムを表示します。
タブアイテム内部に任意のコンポーネントを配置可能です。
0..*
  • イベント一覧: なし

データバインド

  • データ取得メソッド: なし
  • データ設定メソッド: なし

tabItem

レイアウト

  • 属性一覧
属性名概要必須形式デフォルト値
nameGUIオブジェクト名string
titleタブアイテムのタイトルstring
  • 子要素一覧
要素名概要繰り返し
*このコンテナに含まれるコンポーネント0..*
  • イベント一覧
イベント名概要発生箇所発生タイミング
onEnableTabタブアイテムが選択された時tabItemonEnableTab